〒351-0012 埼玉県朝霞市栄町5-1-60
TEL 048-466-4711
FAX 048-467-4744
mail : 4chuu@asaka-c.ed.jp

学校経営方針

平成29年度 グランドデザイン

グランドデザインとは、「学校の教育目標・方針・理念に向かって本年度取り組んでいこうとする教育活動と学校経営の全体構想図」のことで、学校の特色などをわかりやすく1枚の図に示したものです。

■各PDFファイルのダウンロード方法

Windowsリンクを「右クリック」して、「対象をファイルに保存」を選択。

Macintoshリンクを「Ctrlキー+クリック」して、「リンク先のファイルをダウンロード」を選択。

PDFファイルをご覧になるには、AdobeR ReaderR が必要です。
アイコンをクリックしてダウンロードしてください(無償)。

平成29年度 学校経営方針

  1. 学校教育目標
    • 自ら学ぶ生徒の育成   (知)
    • 心豊かな生徒の育成   (徳)
    • たくましい生徒の育成  (体)
    • のぞみつづける生徒の育成 (夢)
  2. 目指す学校像
    • 一人一人が輝く 明るく楽しい学校 あたたかくきれいな学校
  3. 経営方針
    1. 教育活動全体を通じて、生徒理解に立脚した「生徒第一主義の教育」を貫く。
    2. 全教職員の創意と知恵を活かしながら、学校教育目標の具現化に努める。
    3. 生徒一人一人が自分のよさに気づき、他者と認め合える教育活動を展開する。
    4. 家庭、地域との連携を深め、「地域に根ざした開かれた学校づくり」「特色ある学校づくり」に努める。
    5. 小中・中高の連携を強化し、生徒が自己実現できる環境の整備に努める。
  4. 目指す生徒像〜「大好き四中」母校四中を誇りとする生徒の育成を目指して〜
    • 自ら学び考える生徒(聴く・考える・まとめる・話す)
    • あいさつができ、時間を守る生徒
    • 整理・整頓・身だしなみがしっかりできる生徒
    • 健康増進を目指して心身を鍛える生徒
    • 夢に挑戦し続ける生徒
  5. 目指す教師像
    1. 生徒一人一人の意欲や可能性を引き出して伸ばす教師
    2. 豊かな人間性を持ち、生徒一人一人の心に寄り添う教師
    3. 自らの心身の健康に留意をし、職務に全力を尽くす教師
    4. 絶えず研修に努め、生徒や保護者から信頼される教師

平成29年度 重点目標

  1. 学習指導の充実

    〜確かな学力の定着のための取組〜

    • 授業研究を主体とした校内研修の充実
    • 学習規律<四中授業スタンダード>の継続
    • 広沢タイムを利用しての積極的な「朝読書」の取組
    • 「わかる」「できる」授業の実践
    • 基礎的・基本的な内容の確実な定着
    • 個に応じた指導の推進
  2. 生徒指導の充実

    〜いじめ根絶と青年期における人間力の向上を目指して〜

    • 生徒の心を耕す規範を形成する教育と道徳教育の推進
    • 報告・連絡・相談・確認の徹底
    • 組織体としての生徒指導の確立
    • 生活規律<四中授業スタンダード>の徹底
    • 小・中連携教育のさらなる推進
    • チーム「花水木」の有効活用の推進
  3. 教育相談の充実

    〜不登校生徒の解消を目指して〜

    • 生徒一人一人への「目かけ」「声かけ」「見届け」
    • 生徒の居場所づくり(日常的な学校教育相談活動の充実)
    • 管理職及び教職員と相談室、学校と家庭及び関係諸機関との日常的連携
    • 不登校生徒の解消(生徒理解に立脚した指導・支援の充実)
  4. 道徳授業の充実

    〜豊かな心 規範意識 健全な自尊感情の育成を目指して〜

    • 道徳教育全体計画・年間計画の改善
    • 道徳教育推進教師の活用及び道徳主任との連携
    • 学年道徳の推進・資料の共有化
    • 授業実践での研修の推進
  5. 進路指導・キャリア教育の推進

    〜生徒一人一人の自己実現の支援を目指して〜

    • 職業体験の充実
    • 高校体験の充実
    • 進路情報の公開・発信・共有
    • 進路指導キャリア教育全体計画・年間計画の改善
    • 進路相談等の充実
  6. 特色ある学校づくりの推進

    〜誇れる学校の創造を目指して〜

    • 朝霞八小・朝霞四中連携推進事業の継続と深化(両校児童生徒の交流、作品交流、教員の交換授業及び参観、部活動等での施設相互利用、両校保護者・地域と連携しての「校区ふれあい推進事業」等)
    • 生徒会活動・部活動の活性化(ボランティア活動)
    • 市民まつり「彩夏祭」への参加(鳴子おどり)
  7. 教育環境の整備(安全管理・危機管理の徹底)

    〜安全で安心に学べる学校生活の実現を目指して〜

    • 危機管理マニュアル等の見直し
    • 計画的・定期的な安全点検の実施徹底
    • 点検結果に基づき迅速に対応
    • 日常的な校内外の教育環境整備
    • 「校内掲示」の工夫改善
    • 安全マップに基づく通学路の安全対策等
    • 実践的な避難訓練
  8. 家庭・地域との連携の推進

    〜信頼される学校の創造を目指して〜

    • 学校メール配信(けやきメール)の有効活用
    • 保護者会や家庭訪問、三者面談等の有効活用
    • 地域の人材活用
    • ふれあい推進事業
    • 学校評議員会の開催
    • 「各種だより」発行や「ホームページ」による情報発信の推進
    • 体育祭・合唱コンクール・授業参観(地域や校区小学校保護者児童へも公開)
    • 学校応援団の充実